読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鳴瀬喜博でトビナナフシ

動きマンガ強国と呼べる国中。そんな日本の動きマンガが側・韓国でも評価を呼んでいることをご存知だろうか。そもそも韓国のマンガ世界の通年売り上げは約7400億ウォン(約740億円)をも超えるとされており、そのうちの30%が国中力作で占めると言われている。最近は“webtoon(ウェブトゥーン)”と呼ばれるウェブサイトマガジン限定のウェブマンガも評価だが、『ONE PIECE』など国中マンガの評価は依然として良いらしき。日本のマンガは売り上げ等級でも、韓国アーティストの力作を追い抜いてある程度上位にランクインしているほどです。

(基点記述:国中力作のレートは全体の3割! 進化する韓国アニメ界の実情)

こんな日本のマンガの取り分け動きマンガとして今でも粘り強い人気を誇るのが、『スラムダンク』です。日本では1990カテゴリーに人気を博し、韓国でも翻訳編が公刊されると流行。韓国では1997階層に旦那プロバスケットボールリーグのKBLがスタートしているが、その背景には『スラムダンク』の表現もあったと言われている。

ただ、当時は国中伝統の抑止がきつく、桜木花道流川楓といったお馴染みのキャラの名称も韓国風の名称に変えられていた。それに抗戦したマニアたちの考えを受けて、昨年は日本で発売されたものが忠実に実装された“奇抜すべて編”が発売されたというのだから、その評価は本物です。韓国語で書かれたTOPも味があって楽しく、意外な作り話もあるらしき。

(基点記述:桜木花道は「カン・ベクホ」!? 韓国でもバスケ花形を巻き起こした『スラムダンク』のすごさ)

こういう『スラムダンク』と並んで韓国の国中マンガマニアたちの間で長い人気を誇るのが、『H2 』だというのも意外です。『ダイヤのA』や『大きく振りかぶって』などの最上級マンガがコミックスだけでなくアニメ編も放映されているそうだが、『H2』は今でもファンが多い。あですち充と言えば『H2』の前に『タッチ』だろうという意見も聞こえてきそうだが、どうもそこには韓国ならではの実情もあるらしき。韓国で人気のドラマ『リアクションせよ』種類のストーリー住居やロックンロール・美術家たちも、『H2』に影響されたドラマやミュージックを作ったと公言しているほどです。

http://www.sakura-umaiya.com/
(基点記述:韓国で大人気が生じる日本の野球アニメは『H2』!! でも『タッチ』は微妙なわけ)

最も、日本でヒットしたスポ根マンガが全員韓国でヒットしているともとらわれない。例えばサッカーマンガの不朽の名作『船長翼』です。日本のサッカー花形のプラスとなり、国中社長やJリーガーたちはやはり、ジネディーヌ・ジダンアレッサンドロ・デルピエーロリオネル・メッシアンドレス・イニエスタなどクラスを超えた世界の有名人たちが“キャプ翼”のファンですことを公言しているが、どういうわけか韓国ではあまり知名度が高くない。以前、某誌から「“キャプ翼”を愛読していた韓国者選手を探して取材してほしい」と思いを受けたこともあったが、相当選手が見つからなかった。

『船長翼』が韓国で公刊されなかったわけではない。『ナルアラ(翔べ)船長』という肩書きで、1996~1998階層にソウル伝統会社から翻訳出版されてある。ただ、37巻までで、南葛中学校を率いた大空翼日向小次郎束ねる東邦アカデミーと両校同時優勝講じるまでで終わってある。ジュニアユースバージョンも、その後に貫くワールドユースバージョンなどは翻訳公刊されなかったというのだ。韓国のマンガ実情に詳しい消息筋に聞いてみると、何気無い答えが返ってきた。